関連イベントリンク

 当会議以外で実施する近代測量150年関連イベント等をご紹介します。

主催イベント概要(リンク先へアクセス)
国土地理院 近代測量150年「道の駅」パネル展
地域における様々な情報発信や地域連携の拠点である「道の駅」全国約150カ所で、2月から12月の期間「近代測量150年のあゆみ」と最近の国土地理院の活動を紹介するパネル展を開催します。
日本郵便株式会社特殊切手「近代測量150年」発行
「近代測量150年」の特殊切手が日本郵便(株)から2019年6月3日の「測量の日」に発行されます。
公益社団法人千葉県測量設計業協会 第8回ちば測協県民講座
11月27日(水)13時30分から千葉市文化センターで開催します。講師は、フジテレビ「とくダネ!」でおなじみの気象予報士・天達武史さん、地形や水脈から歴史を読む河川やダムの専門家、特定非営利活動法人 日本水フォーラム代表理事・竹村公太郎さんです。
国土地理院近代測量150年最終章 企画展「大転換!平成の測量」
地図と測量の科学館(茨城県つくば市)では、近代測量150年の歩みについて伝える取組をしています。今回は、近代測量150年シリーズ最後の企画展として、「大転換!平成の測量」を11月6日(水)から12月20日(金)まで開催し、平成に大きく変化した測量と地図について詳しく紹介します。併せて令和の御即位記念地図をはじめ、平成、昭和、大正の御即位記念地図も展示します。
国土地理院(終了しました)近代測量150年 企画展「地図と私たち」-めざせ!地図博士-
地図と測量の科学館(茨城県つくば市)において、国土地理院の役割「国土を測る・国土を描く・国土を守る・国土を伝える」について、150年の歩みを伝える企画展を実施します。第二弾として企画展「地図と私たち」を、7月17日(水)から10月6日(日)まで開催します。
国土地理院(終了しました)近代測量150年 企画展「高さってなんだろう?」-より正確な高さをもとめて-
地図と測量の科学館(茨城県つくば市)において、国土地理院の役割「国土を測る・国土を描く・国土を守る」について、150年の歩みを伝える企画展を実施します。第一弾として、「国土を測る」をテーマに企画展「高さってなんだろう?」を、3月12日(火)から6月30日(日)まで開催します。
国土地理院(終了しました)第48回国土地理院報告会
6月5日(水)、日経ホール(東京、大手町)において、「第48回国土地理院報告会」を開催します。
清水英範氏(東京大学大学院工学系研究科 教授)による特別講演「近代測量の黎明期と工部省 -その歴史的な意味を考える」のほか、「近代測量150年」や国土地理院の最新の取組に関するパネル展示などを予定しています。
国土地理院(終了しました)「測量の日」特別企画 ~遊んで学ぶ地図と測量の世界2019~
6月2日(日)9時30分から16時30分まで、国土地理院「地図と測量の科学館」において「測量の日」特別企画 ~遊んで学ぶ地図と測量の世界2019~ を開催します。
「測量の今と昔」がわかる展示や体験学習、令和に生まれる地図記号「自然災害伝承碑」の紹介、NHK大阪放送局の小野田真由美さんによる講演会等、子どもから大人まで楽しめるイベントを実施します。