測量・地図の魅力を伝える写真展を開催

  1. 開催概要
  2.  「測る人・描く人・守る人の魅力を伝える」をテーマに測量や地図作製において「測量の現場で働く人たちの姿」や「測量器材を活用している場面」、「地図を活用している場面」等の写真を募集し、コンテストを行った。
     入賞作品は、新宿区立新宿歴史博物館において展示した。

  3. 写真展コンテストの実施概要について
  4. ・2月28日(木)に測量・地図の魅力を伝える写真展作品募集の報道発表を行った。併せて、近代測量150年記念事業推進会議のホームページで周知をした。
    ・作品募集は、3月1日(金)から6月30日(日)まで行い、44人から184点の応募があった。
    ・第一次審査を各団体の長から推薦された者15名で投票による事前審査で上位の33点が選定された。
    ・最終審査は7月30日(火)に外部の審査員4名により金賞、銀賞、銅賞の各1点が決定された。
    ・また、奨励賞は8月9日(金)に行われ、各団体の長又は各団体の長から推薦を受けた者9名によりそれぞれ1点が決定された。
    ・審査結果は9月17日(火)に公表(報道発表)するとともに、近代測量150年記念事業推進会議のホームページに掲載した。

  5. 展示概要について
  6.  入賞作品の金賞、銀賞、銅賞の各1点と奨励賞の9点について、1階「れきはくギャラリー」に展示をした。併せて入賞は叶わなかった作品についても地下1階の「ホワイエ」で紹介をした。


○展示会場の様子

右から金賞、銀賞、銅賞の作品
迅速測図原図原本

奨励賞の作品
奨励賞の作品

○添付資料

チラシ「『測量・地図の魅力を伝える写真展』作品募集」(PDF形式:約1.6MB)
「測る人・描く人・守る人の魅力や使う人の楽しさを伝える」写真コンテスト入賞作品(PDF形式:約1.1MB)